【尼崎市】「ふるかわや」さんがカジュアルになって「だるま」さんに?!心機一転、オープンされていました。

2019/04/11 23時01分

武庫之荘の名店という噂の「ふるかわや」がカジュアルな「おばんざいや」さんとして店名も変えて「だるま」としてリニューアルオープンされているようです。お店の外観がそんなに変わらない?ので気が付きませんでしたが、車でスーッと通りすがりに「あれれ??」何かちょっと以前とは違った感じがするぞ?!と思うので、調べてみました。
だるま1
以前は「ふりかわや」という割烹の武庫之荘では貴重なハイレベルな【ミシュラン兵庫でビブグルマン】として紹介された大人のお店だったそうですが、この「だるま」は大皿料理がカウンターに並べられている「おばんざい」のお店になったそうです。

以前は価格表示のない、初めて行くにはビビッてしまう割烹のお店だったそうですが、味はそのままで行きやすくなってるようです。ありがとうございます。
だるま2
高級店のニーズもあるのでしょうが、庶民の私(わたくし)としては、カジュアルなお店の方がありがたいところです。もともと割烹のお店という事は味は間違いなく美味しいと思いますし、ちょっと行ってみようかな。と、思います。

ところで、みなさんは高級なお店とカジュアルなお店、どこを見比べて、判断しますか?「和牛」の漫才のネタで高級店は「看板が小さくて入り口が低くて、いったんかがんで入る」って話してましたね。確かに、看板が小さいと「選ばれし者以外を拒んでいる」という雰囲気が出ていますよね。怖くて入れません・・・

子供の頃って、漠然と「大人になったらそういうお店いくのか~」と思っていまたけれど、大人になった結果、時価のお店は行きませんね。行けない。といった方が正しいですね。そろそろいい歳なので、ちょっと敷居の高いお店もレパートリーに入れておかないと!と、思う、平成最後の春なのです・・・

「おばんざい  だるま」の場所はこちら↓

(文/meg)

ジモネタ尼崎
号外NET他の地域

提供提供求む!

号外net東淀川区の宣伝・求人は号外NET

ページの上へ